■アソコの痒みは病気の症状?性病やそれ以外の病気の可能性は?

 

・ アソコがかゆい時は間違いなく性病?
・ 性病以外の病気で痒くなる症状はある?

 

 

人に相談しにくい悩みを持っている人はいませんか?
私はなかなか人に言い難い悩みを抱えていました。

 

 

それが「アソコがかゆい」という悩みです。
私は現在35歳の女性、都内で一人暮らしをしています。

 

 

我慢できないほど痒くなる、というわけでもないのですがかなり強い痒みが出る
ということもありました。

 

 

更に時々は強烈な臭いがアソコからする時もありました・・・

 

 

デリケートゾーンと言われるところの悩みはたとえ女同士でもなかなか人に相談を
することが難しい所です。

 

 

アソコが痒くなる原因はほとんど間違いなく性病なのでしょうか?
それとも性病の他にも病気の症状で痒くなる可能性はあるのでしょうか?

 

 

親にも相談はしにくいのでまずは自分でできる限り調べてみたいと思いました。

 

 

■痒みがある時に可能性がある性病とは?

 

・ 診断材料として痒みがある性病はこちら
・ 膣が痒く感じる場合は性病の可能性が高い

 

 

まずは性病の可能性が高いと思われるので、痒みが症状として現れる性病を
確認してみました。

 

 

○ 淋病
○ トリコモナス膣炎、膣トリコモナス症
○ 膣カンジダ症
○ 毛じらみ症
○ 性器ヘルペス
○ 尖圭コンジローマ

 

 

これらの性病には強さの違いがありますが、膣や園周辺が痒くなるという症状が
確認されています。

 

 

ただしそれ以外の症状が特徴的な性病も多く、かゆみ以外に特徴がない場合には違うと
判断できるものもあります。

 

 

有名なところでは毛じらみ症はとても強い痒みが特徴的な性病ですが、実際に陰毛に
シラミを見つけることができます。

 

 

自分で陰毛をかき分けてシラミが見つかれば間違いなく毛じらみ症です。
薬の治療をするか陰毛を全て剃り落としてしまいましょう。

 

 

尖圭コンジローマは膣や園周辺に小さな傷がついて、そこから雑菌が入りこんだ時に
小さなイボができます。

 

 

この雑菌が入った時に痒みを伴いますがあまり激しい痒みではなく、更に特徴的な
イボが出るのですぐに分かります。

 

 

同じように性器ヘルペスの場合は水ぶくれが出来るという特徴があるのでこれがなければ
他の原因というわけです。

 

 

痒みだけでは性病と判断するには材料が少なすぎました。
そこでもう1つの特徴、臭いについても調べてみました。

 

 

■臭いが症状として出る性病は?

 

・ 強烈な臭いが症状として出る性病はこちら
・ 臭いの原因はオリモノの場合が多い

 

 

臭いが症状として現れる性病もあります。
それを詳しく調べてみました。

 

 

○ トリコモナス膣炎、膣トリコモナス症
○ クラミジア感染症
○ 膣カンジダ症

 

 

クラミジア感染症の場合は臭いはそれほどきつくないのですがオリモノが黄色や白くなり
かなり水分の少ない状態になります。

 

 

まるでチーズのように固く、水分のないオリモノが出るとクラミジア感染症の可能性が
高いと言われています。

 

 

トリコモナス膣炎の場合は痒みを伴ってオリモノが泡状になっていたら間違い無く感染を
している状態です。

 

 

強烈な臭いを出す、黄色や緑色のオリモノとなります。

 

 

膣カンジダ症の場合も痒みと一緒にオリモノの変化があります。
クラミジア感染症と同じように黄色く変色しチーズのような匂いになります。

 

 

臭いが出る性病の特徴としては臭いの原因が膣や性器周辺ではなくオリモノからの
臭うというのが特徴です。

 

 

それとオリモノに出血の症状が見られる場合も多くあります。
オリモノの臭いと変化に注意することで判断できるようです。

 

 

■性病のようで性病ではない?細菌性膣炎の場合

 

・ 扱いは性病と一緒だが性行為以外で発症することが多い
・ 性行為の経験がなくても発病することも

 

 

もう1つ、性病と同じように扱われるのですが実際に性病とは言い難い病気もありました。それが細菌性膣炎です。

 

 

膣の中で雑菌が繁殖してそれが臭いの原因となり、オリモノが強烈に臭うという症状が
確認される病気です。

 

 

セックスの時に膣内が傷ついてそこから雑菌が繁殖することで匂いが出るのですが
原因としてはセックスだけではないのです。

 

 

元々膣内にある雑菌が臭いの原因になるので体調不良など体の状況によっては
何もしていなくても雑菌が繁殖してしまう可能性も。

 

 

つまり性行為をしたことがなくても細菌性膣炎になる可能性はあるのです。

 

 

症状としては軽い痒みや痛み、黄色や緑色の強烈な異臭を出すオリモノが特徴的です。
これらの症状があれば細菌性膣炎を疑いましょう。

 

 

性病や病気の時には痒みは膣やその周辺から、臭いはほとんどがオリモノからでした。
つまりオリモノ以外から臭がする場合は性病や病気以外の可能性が高いようです。

 

 

今度は性病や病気以外に痒みや臭いの原因になるものを探してみます。

 

■かゆみや臭いの原因はデリケートゾーンの蒸れ?

 

・ 肌の雑菌が繁殖することで臭いやかゆみが出る可能性がある?
・ 雑菌が繁殖する原因は下着などで蒸れること?

 

 

性病や病気の可能性について調べてみましたが、オリモノの変化がなく生理前後以外にも
臭いがきつくなる場合は性病の可能性も少ないと思いました。

 

 

そこで次に性病以外で臭いがきつくなる原因を調べてみます。

 

 

病気の時にもありましたが細菌性膣炎の原因は体に元々ある雑菌が繁殖することです。
この時に強烈な臭いを発することがわかりました。

 

 

この雑菌の繁殖をさらに詳しく調べてみると、人間の体の表面でも頻繁に起きている
ということがわかりました。

 

 

では臭いやかゆみの原因はこの雑菌の繁殖なのでしょうか?

 

 

それならば雑菌を繁殖させないようにすると臭いやかゆみを抑えることが出来るはずです。
そこで雑菌が繁殖してしまう原因を調べてみました。

 

 

色々と調べてみると特に女性の場合は下着が原因となる場合が多いようです。

 

 

男性と違って下着が密着していることが多い女性は下着で蒸れることが雑菌を繁殖させる
原因になることが多いと言われています。

 

 

特にデリケートゾーンの蒸れはかゆみや臭いのとても大きな原因となっていました。

 

 

デリケートゾーンの蒸れについて詳しく調べてみます。

 

 

■下着の通気性が悪く、特に生理中は雑菌の繁殖がしやすい

 

・ 肌で雑菌が繁殖するとかゆみや臭いが出る
・ ワキガと同じ現象がアソコで起きることがある

 

 

性器周辺は男女とも下着をつけているので蒸れる可能性は高いのですが特に女性の場合は
下着の密着度が高く蒸れやすいと言われています。

 

 

しかも生理前後はナプキンやタンポンを使うために雑菌が繁殖しやすい状況になり
それが臭いやかゆみの原因になりやすくなってしまいます。

 

 

細菌性膣炎の原因の1つにはタンポンを長時間使っていたという場合もあります。
それだけ雑菌が繁殖しやすい環境になっているのです。

 

 

しかも臭いに関しては陰毛には脇の下と同じように臭いの原因があります。
つまりワキガと同じように陰毛近くも強烈な臭いを出す可能性があります。

 

 

すそわきがと言われる症状で、陰毛の近くからワキガと同じような臭いがでます。
原因もワキガと一緒で汗の中で雑菌が繁殖することで臭いを発します。

 

 

当然男性もなる可能性があるのですが女性の場合は上記のように下着の密着度が高く
オリモノなどの雑菌が繁殖しやすい状況があります。

 

 

その為に女性の間ではかなり数が多くなっていると言われているのがすそわきがです。

 

 

臭いとかゆみの対策を取るためにももっと詳しく原因を調べてみます。

 

 

■汗で雑菌が増えることで強烈な臭いが出るのがすそわきが

 

・ ワキガと同じ原因なので対処方法もほとんど同じ
・ 自分で判断する方法もあり

 

 

すそわきがの原因となるのは汗と雑菌です。
これはワキガと全く同じ原因と言われています。

 

 

ワキガの原因になるのはアポクリン汗腺から出る汗に雑菌がつくと猛烈に繁殖をして
とても強烈な臭いを出すようになることです。

 

 

このアポクリン汗腺は脇の下だけではなく乳首の周りや陰毛の周辺にも多くあります。
その為にデリケートゾーンが蒸れて雑菌が繁殖するとワキガと同じ臭いがするのです。

 

 

単純に雑菌が繁殖するだけでもかゆみや臭いの原因となりますが、人によっては
このすそわきがになってしまう可能性も出てきます。

 

 

ただしすそわきがは原因がワキガと一緒なので同じ対処方法が使えます。
つまり汗を抑えて雑菌の繁殖を防ぐという方法です。

 

 

ワキガ対策のデオドラント商品にはデリケートゾーンに使える商品もあります。
制汗クリームなどは下着のムレ対策としてもかなり効果が期待できます。

 

 

それにすそわきがの原因の1つ、アポクリン汗腺からの汗は他の汗とは違い黄色いという
特徴があります。

 

 

Tシャツや下着の汗ジミが黄色くなっているならワキガやすそわきがの可能性が高いです。
その場合はしっかりと汗の対策をするようにしましょう。

 

 

■雑菌をきれいにするためには洗いすぎてはいけない?

 

・ 臭いのもととなる雑菌は洗剤だけできれいにするのは不可能?
・ 洗い過ぎるとかえって臭いが出る要因になる?

 

 

臭いの原因になるのは汗と雑菌ということがわかりました。
雑菌が増えることで臭いだけではなくかゆみなども感じるようになります。

 

 

私が感じていたアソコがかゆい、という症状は性病などにも当てはまらないことから
この雑菌が原因だと思いました。

 

 

ではかゆみや臭いをなくすために出来ることはどんなことなのでしょうか?
雑菌が原因ならきちんと洗うことで臭いもかゆみも取り除くことが出来るのでしょうか?

 

 

確かに洗剤を使って雑菌を洗えば綺麗になります。
でも雑菌をすべて洗い流すことは難しく、洗い過ぎるとかえって臭いがきつくなることも。

 

 

それは臭いの原因となる雑菌を取り除くために人間には常在菌がいるのですが
こまめに洗い過ぎるとこの常在菌まで失くしてしまうためです。

 

 

臭いやかゆみをなくすためにする正しい洗い方を調べてみます。

 

■正しい洗い方をするとデリケートゾーンのトラブル対策になる?

 

・ 蒸れを解消するには正しく洗うことが必要?
・ かゆみや臭いをなくすことも出来る?

 

 

下着による蒸れはデリケートゾーンの多くのトラブルの原因になることがわかりました。
そしてそれを解消しようとして洗いすぎてしまうことも問題になることも。

 

 

それならば正しい洗い方をすることで蒸れを解消して臭いやかゆみ、かぶれ等も
取り除くことが出来る様になるのでしょうか?

 

 

洗いすぎてしまうと肌にある常在菌も一緒になくしてしまうので、臭いやかゆみの
症状が出やすくなることもわかっています。

 

 

ではこの常在菌を活かしたままでデリケートゾーンをきれいにする方法も
あるのでしょうか。

 

 

デリケートゾーンのトラブルを解消するためにもアソコや陰毛の洗い方をきちんと
調べてみました。

 

 

■デリケートゾーンの正しい洗い方とは?

 

・ 出来る限り優しく洗う
・ 手や弓を使うと傷つけずに洗うことが出来る

 

 

デリケートゾーンはその名前のとおりに肌のかなり敏感な所です。
その為にボディタオルなどで洗っていても肌に大きな負担となる可能性が高いのです。

 

 

普段の入浴では体を洗う時にナイロンタオルを使っている人も多いと思いますが
このナイロンタオルでそのままデリケートゾーンを洗うと肌が傷つくことがあります。

 

 

そこでデリケートゾーンを洗う時には手や指を使って洗うと肌を傷つけずに
綺麗にすることができます。

 

 

それとできれば石鹸などを泡立てて、その泡を使って洗うことがおすすめです。

 

 

洗剤が直接肌につくことも肌にとってはかなり大きなダメージになります。
泡を使って優しく洗うことで肌への負担をかなり軽減することが出来るようになります。

 

 

それと生理中には膣の中まで洗剤を使って洗いたい、と思うかもしれませんが膣の中は
洗剤の刺激がとても厳しくあれてしまう原因になります。

 

 

できるかぎり洗剤が入らないように、指などで入口のあたりを優しく洗う程度に
とどめておきましょう。

 

 

刺激にはかなり弱いところがデリケートゾーンですが、洗い方が雑になると今度は
恥垢がたまりそれが雑菌を繁殖させる原因になってしまいます。

 

 

デリケートゾーンは優しく、でもしっかりと洗うようにしましょう。

 

 

■石鹸の選び方にも注意が必要

 

・ 弱酸性の洗剤を利用すると常在菌を上手に利用できる
・ デリケートゾーン専用の石鹸を使う

 

 

デリケートゾーンの洗い方がわかった所で、洗う時に使う石鹸にも気をつけましょう。
デリケートゾーンをきれいにするためには常在菌の利用が欠かせません。

 

 

雑菌の繁殖を抑えてかゆみや匂いの対策をするためにも常在菌を上手に利用する事が
重要になりますが、石鹸で洗うことで常在菌は肌からいなくなります。

 

 

でも元々肌にいるものなので自然に増えていきます。
ただしそれは肌が弱酸性の状態の場合、という条件がつきます。

 

 

肌は元々弱酸性なのですが洗剤を使って洗うことで一時的にアルカリ性になります。
この状態では常在菌が自然に増えることが難しくなってしまうのです。

 

 

そしてアルカリ性の場合は臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。
その為に間違った石鹸の選び方をすると臭いやかゆみ、かぶれの原因になります。

 

 

その為に入浴の時に利用する石鹸には弱酸性の商品がおすすめです。

 

 

それかデリケートゾーン専用の石鹸を使うという方法もあります。
肌の刺激になりにくく、弱酸性で洗浄力も適度にある商品が最近ではかなり増えています。

 

 

デリケートゾーントラブルの対策としてはこちらもオススメできます。

 

 

■しっかりと雑菌のケアができれば臭いもかゆみも気にならない!

 

・ 洗い過ぎないようにきれいにする
・ ワキガ用のデオドラント商品もおすすめ

 

 

デリケートゾーンの雑菌は臭いやかゆみの原因になります。
雑菌の対策ができれば臭いもかゆみも気にならなくなるのです。

 

 

そこで私が使い始めたのがデリケートゾーン専用のボディソープです。
シェリーケアという商品を使っています。

 

 

シェリーケアは天然由来成分で作られたボディソープで、肌にかかる負担は
とても少なくなっています。

 

 

しかもデリケートゾーン専用ということでニオイ対策が出来るように
天然の消臭成分、カキタンニンが配合されています。

 

 

入浴の時にシェリーケアを使っているだけでかゆみの解消をすることが出来ました!

 

 

自分でできる雑菌のケアで十分にかゆみを取り除くことが出来るようになります。
他にもワキガ用のデオドラント商品でもデリケートゾーンに利用できるものがあります。

 

 

強力な洗剤やビデの使い過ぎは肌の常在菌まで取り除くので臭いやかゆみの対策としては
あまりオススメできません。

 

 

上手に常在菌を利用してデリケートゾーンのケアをするようにしましょう。